ごあいさつ

田上記念病院リハビリテーション部 部長

川上 剛
認定理学療法士(脳卒中)
保健学修士

 リハビリテーション部は理学療法、作業療法、言語聴覚療法それぞれの専門性を生かし、多くの患者様やご家族様がご満足いただけるよう、質の高いリハビリテーションを提供致します。

 リハビリテーションでは身体機能の回復を通して、患者様ができるだけ早く家庭復帰、社会復帰できるよう支援致します。そのために患者様やご家族様のご意向を確認し、同じ目標を共有しながら、一人一人の状況に合わせたチーム医療に取り組んでいます。

リハビリテーション部 理念

 心身に障害を持つ患者様が、生きがいのある社会生活が送れるよう、地域に根差し、かつ暮らしを支えるリハビリテーション活動を実践します。

リハビリテーション部 基本方針

  • 患者様及びご家族様に対し、良質のリハビリテーションサービスを提供します。
  • チーム医療のもと、患者様の身体機能の回復に最大限の努力を行います。
  • より質の高いリハビリテーションサービスを提供するために自己研鑽に努めます。

田上記念病院リハビリテーション部 科長

田中 精一
理学療法士
呼吸療法認定士

 私たちリハビリテーション科の担当する患者様は、皆様、病気や怪我がなければ理想の人生を歩んでいかれた方々です。その中で、突然、思いもよらず入院され、心身ともに理想とはかけ離れた状態になられ、ご家族様含めて戸惑われることは当然と思います。

 リハビリテーションとは「元の状態に戻ること」を意味します。患者様、ご家族様の思いを尊重し、「その人が送っていたはずの元の人生」に戻ることが出来るように身体機能回復を図るのみならず、多職種とも連携・協働して全力で支援していきます。

田上記念病院リハビリテーション部

久木野 智子
作業療法主任

 「リハビリテーションチーム」の一員として医師・看護師・理学療法士・言語聴覚士などと協働しながら、患者様の回復状態に応じて基本的動作能力や応用的動作能力の改善、更には社会的適応能力の獲得を促しながら、その人の「暮らしやすさ」を取り戻す、あるいは新たに作り出す支援をしています。

 当院は20代から50代までの幅広い年齢層のスタッフがおり、明るい雰囲気の中、患者様と一緒に「困りごとの解決策」を考え、生き生きとした毎日が過ごせるように、生活者としての視点を大切に働いております。

田上記念病院リハビリテーション部

持増 健作
言語聴覚療法主任

 「食べること」 「話すこと」等ごく自然に行っていることが、病気や事故で不自由になることがあります。こうした摂食嚥下やコミュニケーションに問題がある方々の家庭・社会復帰をお手伝いし、自分らしい生活が送れるよう支援する専門職が、私たち言語聴覚士です。 当院では入院早期より摂食嚥下障害、言語障害、高次脳機能障害などの問題を抱えている患者様に介入し、ADL・QOL向上のために積極的にリハビリテーションを行っています。また、退院後のフォローも含めた訪問リハ、外来リハも行っています。

 もう一度「美味しいものを口から食べたい、食べさせたい」 、「会話したい、声が聞きたい」という患者様、ご家族の思いに寄り添い支援させて頂きます。 「食べること」 「話すこと」でお困りの方は、ご気軽にご相談下さい。